新着情報(採択通知と講習会事務局からのお知らせ)

AHA講習会の概要 (講習会の内容と受講時の注意点)

banner

【ハートセイバー CPR AED 講習会】

・対象:主として一般市民

・通常コース:  8,000円


心肺蘇生の方法、AEDの使用方法などを学びます。講習会により講習内容が異なる場合があります。
banner

【BLSプロバイダー 講習会】

・対象:主として医療従事者

・初回受講:15,000円
・更新受講:  8,000円
・スキルチェック受講: 2,500円

成人・小児・乳児の心肺蘇生法、AEDの操作法、窒息の解除などを学びます。

banner

【ACLSプロバイダー 講習会】

・対象:医療従事者

・初回受講:32,000円
・更新受講:18,000円

心室細動・無脈性心室頻拍・心静止・PEAへの対処方法、徐脈および頻脈への対応、急性冠症候群、急性虚血性脳卒中などを学びます。
banner

【ACLS-EP 講習会】

・対象:医療従事者

・通常コース:18,000円


成人の心停止に対する二次救命処置をACLSプロバイダー講習会で学習した方が、さらにレベルアップするための講習会です。


  • 事前に各自テキスト(G2010準拠 日本語版)をご購入の上、予習をお願いします。
  • BLS、ACLS、ハートセイバーの各講習会ではテキストの他にポケットマスクも事前にご準備ください。
  • 受講料にはテキスト代、ポケットマスク代は含まれません。
  • テキスト、ポケットマスクは当日会場に必ずご持参ください。

日循関東甲信越支部が開催するAHA講習会について

  • ガイドライン改定に伴い、当支部が4月4日以降に開催する講習会は当面の間ガイドライン2015(G2015)暫定講習会となります。
  • 当支部の開催講習会一覧は【講習会一覧/カレンダー】でご覧いただけます。
  • 表中の「詳細」ボタンから直接参加申し込みページにアクセス可能です。

全ての医療従事者(医師・コメディカル・学生など)の参加を歓迎します

JCS-ITCは、そのミッションとして日本での心臓突然死の予防と心停止の救命率の改善およびそれによる後遺症を減らすことを目標に掲げております。この目標を達成するためには院外心肺停止における一般市民によるバイスタンダーCPRも不可欠であり、一般市民への心肺蘇生法の普及が重要であると認識しております。また学会として心肺停止に関する研究とエビデンスの国際発信も重要な課題であります。これらの教育・普及・研究のためには循環器専門医だけでなく幅広い分野・職種の協力が必要と判断し、2007年10月19日の理事会にてJCS-ITCの活動に関して非会員インストラクターの養成と受け入れを承認・決定いたしました。

JCS-ITCのミッション

この決定を受けて循環器救急医療委員会では、JCS-ITC主催のAHA BLS / ACLSコースにおいて、その受講およびスタッフ、インストラクターとして非会員が参加することを積極的に推進することとしました。 日本での心臓突然死の予防と心停止の救命率の改善およびそれによる後遺症を減らす目的のためにこの活動への専門分野や職種に関わらない多くの方々の積極的な協力と参加をお願いいたします。

日本循環器学会 循環器救急医療委員会

Copyright(c) 2016 JCS-KANTO All Rights Reserved.